株式会社LeTech(リテック)

To
Shareholders

株主・投資家の皆様へ

代表取締役 平野哲司

平素は格別のご高配を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

昨年春より、世界中を混乱させた「新型コロナ感染症」により、人々の暮らし方や働き方が一変してしまいました。
海外からの観光客は全く姿を消し、国と国との間が分断され、東京オリンピックですら無観客での開催にならざるを得なかった事は、記憶に新しいところです。
その様な、いわゆる「コロナ禍」の社会状況の中で、私たちは新たなマーケットの創造に向けて、その歩みを着実に進めています。

2021年7月期決算のトピックスといたしましては、早期達成すべき目標としていた、自己資本比率10パーセントを達成し、現在13.9パーセントに増加しました。また、不動産ソリューション事業並びに新たに始めているITからなる中核事業に注力するため、介護事業を売却いたしました。更には実績は、新型コロナ感染症の影響もあり、売上高は前年同期比マイナス28.6パーセントの減収となりました。もっとも、収益性が高い物件の販売実績に加え、介護事業の売却により特別利益を計上したことなどの要因により、当期純利益は大幅に増益となりました。

今後の取組として、中期経営計画でも発表しましたとおり、今まで培ってきたスキルとノウハウを、東京、大阪といった大都市から日本のみならず海外の不動産オーナーに直接お届けするオウンドメディア「YANUSY」を活用させる段階に入ってまいりました。不動産の価値やメリットを理解する目的で、いつでもどこからでもアクセスできる情報交換ツールとして、だれでも利用できる質の高いユーザーエクスペリエンス(UX)を提供し、オンラインとオフラインの情報を融合させた総合OMOプラットフォームへと発展させてまいります。

すべてのステークホルダーおよび地域社会に広く貢献するために、努力と挑戦を重ねてまいります。
これからも、LeTechのチャレンジにぜひご期待ください。

2021年11月末日

代表取締役社長平野哲司

本ウェブサイトでは、サービスの品質維持・向上を目的として、Cookieを使用しています。
個人情報の取り扱いに関してはプライバシーポリシーをご確認ください。

同意します